モグラのようにモグりつつ//
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/10/24 (Mon) 23日の事1 根津美術館

出かけてきました。東京表参道の根津美術館。
現在尾形光琳の燕子花図屏風―日本史勉強した人なら必ず知ってる、あれ―を中心とした光琳の特別展を開催中なのですよ。見てきました。

居並ぶ数々の展示品。隣にあった白菊の屏風も好みでしたが、やはり遠目からでも飛び込んでくる強さで燕子花に敵わないんだな。
燕子花図、なによりその鮮やかさに目を見張りました。
図説や資料集で見るのと色が全然違う。花の群青、葉の緑青、地の金色の対比が実に綺麗。
(緑青が浮かばない人は10円玉の錆びた色を思ってもらえれば良いです。まさにあの色。とても明るくて印象的でした。)
近寄ったり離れたり横から見たりとたっぷり堪能してきましたよ。ご馳走様でした。

行くまで知らなかったんですが、この特別展前期と後期で展示品の一部入れ替えを行うことになっており、私の行った昨日が前期最終日でした。ラッキー、と言いたいところですが、明日の後期からの出品物の中に、これまた日本史組必修の八橋蒔絵螺鈿硯箱があるではありませんか…!

リトライしそうです。


murasaki.jpg館内を見た後庭園も廻ってきました。
紫式部を発見。


kaki.jpgこちらは柿。間引いてないためかかなり小ぶりものが鈴なりに。柿に見えませんが、これはこれでかわいいかも


※タイトルがしばらく"24日の事1"となっていましたが、23日の間違いです。訂正します。

[old] | trackback(0) | comment(0) |


<<23日の事2 岡本太郎記念館 | TOP | 空へと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blob.blog22.fc2.com/tb.php/33-38811f38

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。